【読書会開催報告】6/7 JR秋葉原駅 7時~

2018年 6月7日(水)開催記録です!

6/7 JR秋葉原駅にて、私含め3名で読書会を開催いたしました!
第二回と謳って募集しましたが、私自身主催は初めてでハラハラ・・
想定以上にフリートークタイムが長くなってしまい焦る場面もありましたが
参加者のお二方にご協力いただき、無事に1回目を終えることができました。
ありがとうございます。

紹介いただいた本はこちら

松下幸之助―日本人が最も尊敬する経営者 (宝島社文庫)

松下幸之助―日本人が最も尊敬する経営者 (宝島社文庫) [単行本]別冊宝島編集部宝島社2007-08
出会ういろいろな人から異口同音に「松下幸之助を勉強しろ」を言われ手に取りました、と紹介いただきました。松下会長にまつわるエピソードを楽しく学べる本です。なんだか、『道をひらく』より面白そう。一例で水道哲学を説明していただきましたが、松下氏の観察眼の鋭さは興味深いです。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! [Kindle版]苫米地英人コグニティブリサーチラボ株式会社2014-04-14
苫米地先生の本はどれを読んでも同じようなことが書いているんですが!という前置きから入った紹介者。同筆者の本の読み比べは理解が深くなりますよね。「頭のゴミ」というのはマイナスな感情のことを指しています。±の波に翻弄されず、ポジティブな自己対話をすることが大切だという苫米地氏のメッセージ。

また、紹介者の方はフォトリーディング講習会を受けられたそうで
やり方の概要をレクチャーしていただきました。

江副浩正

江副浩正 [単行本]馬場 マコト日経BP社2017-12-19
こちらは私の紹介本。タイトルの人物はリクルートの創業者です。リクルート出身者による、江副社長の生涯を綴った評伝です。大学新聞の広告取りのアルバイトをきっかけに企業を始めた同氏。自分の大学時代はどうだったろう・・と考えると反省ひとしきりになります。

ほか、参加者様のこれまでに面白かった本
というテーマで以下をご紹介いただきました。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え [単行本(ソフトカバー)]岸見 一郎ダイヤモンド社2013-12-13
人生の悩みは5種類しかない。それらはもすべて人間関係に起因する!

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫)

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫) [文庫]セネカ光文社2017-03-09

人間は時間を無駄に消費しすぎだ!哲学を学ぶのに手に取りたい一冊。

小説十八史略〈上〉

小説十八史略〈上〉 [単行本]陳 舜臣毎日新聞社1996-12
志を遂げるために10年も20年も待つ。人間はなんてタフなんだろう。

=以上=(あっ!感想聞くの忘れた!)

開催終了後、解散してTXに乗り込みながら「人の力を借りると、読書会も開催できるものなんだな~」と感慨に浸っておりました。

ありがとうございました。

次回は6月24日(日)川崎駅開催予定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする