勝間和代の「有名人になるプロジェクト」とは?

有名人になるというのはなんだか、羨ましいような、大変そうなイメージを持っていました。
本書は“有名人になるプロジェクト”で成功を収めた勝間和代氏の自著です。


独立してはじめた金融のビジネスに敗れた、というのがそもそものきっかけでした。
そしてその時選んだのが「有名人になる」というビジネスだったのです。


有名人になるということはただ目立ちたいというだけではダメだ、とも本書では述べられています。誰かの役に立つこと、貢献するとうマインドがないと続けられないものなのだそうです。

そして有名人として必要なことの一つに“商品化”という概念があります。
どんな仕事をしてきて、どのような家族や生活パターンで、年齢や性別は…?といったものでしょうか。

そこで大切になるのが「複合能力」です。
本書を読んで新しい発見だったのですが『優秀な人=有名人になれる』というものではありませんでした。
優秀であるより、「市場性のあるもの」が大衆の目を引くもので、
勝間氏の場合は「概念的なものを言語化する能力」でした。

最後に、勝間氏は以下の言葉を残しています

結局「有名人になる」というのは、自分のリミッターを外す作業に近いと、今は考えています。(略)
有名人になるために、居続けるためにあえてリミッターを外す方法を試行錯誤する必要があるのです。自分で学習し、市場に打って出てみて、仲間を募り、すでに活躍している人たちと触れ合うことによりその人たちがどうやってリミッターを外してきたのかを学び、そこから影響を受けて実行する―その繰り返しのサイクルを行う事ではないかと思います。


本書を読んで、
有名人になることのリアルを知るだけの本ではなく
「自分はこれほどまでの努力が出来ているか?」 と自分を奮い立たせるための本でした。