朝活の第一人者が薦める!「朝一時間」理想のキャリアの描き方 ⇒『「朝一時間」で全てが変わる!モーニングルーティン』

『朝活の第一人者』と呼ばれている池田千恵さん。
私も彼女主催のオンラインコミュニティ『朝キャリ』の参加メンバーです。

彼女は企業に向けては社員の働き方改革や仕事の業務改善の指導を、個人に対してはキャリアの方向性を見つけたりする手助けをしています。

そんな千恵さんの朝活研究生活11年の集大成をまとめたのが本書。

タスク分けやToDoリストの作り方などにページを割いていますが、
読み進めていくうちに、自分のキャリアについて真剣に考えたくなってくる1冊です。

ToDoリストの色分けは 緊急度x重要度 で4色に分けることを推奨されています。
特に<緊急度低x重要度高>の未来への種まきをいかに育てていくか? という事にフォーカスされています。
併せて、自分のキャリア志向(ワーク&ワーク・ワーク&プライベート)

私が特に好きな記事は「おせっかい」を「種まき」にする方法
自分の強みを棚卸して来るべき副業解禁時代に備えたいときおすすめの種まきは「ついついダメだししたくなること、勝手におせっかいしたくなることを文章化してみる」です。
p-156

彼女のブログだったか記事だったかにも似たようなことが書かれていたかと思うのですが
私はこの記事を読んで、私も今のブログを続ける後押しになりました。

人に何かを教えたくても「私ごときが」「偉そうだと思われないか」という思いが先行してしまってなかなか教えられなかったりするんですよね。

文章化して発信してみれば、知りたい人だけ読めばよい話だし、迷惑だと言ってくる人も居ない。
発信しているうちに自分のノウハウも磨かれていく。
百利あって一害無しの方法だと思います。


昨今のコロナ騒動で、自分の今後のキャリアについて深く考えている方は多いと思います。
是非そんな方のブレークスルーのきっかけの本になって欲しいと思います。