『メモの魔力』から学ぶタイトルのつけ方

私にとって
タイトルのつけ方が学べる本でした。

A→ファクト→抽象化→転用

その後に、Aに戻り、タイトルを付ける。

このステップ例えばこんな風になっています。
私が秀逸に思ったのが

「インプット0環境

ファクト:    シャワーを浴びているとアイデアが湧く
抽象化:        インプット0%、アウトプット100%の環境だどアイデアが出る
転用:             考える時は、何もない環境で考えるとアイデアが出やすい

これ、「シャワー中はアイデアが出る」だど限定的すぎるし
「リラックスしているときにひらめく」だと曖昧だし
そもそもこれらだとありきたりすぎて、頭に残らないんですよね。

「インプット0環境」という言葉は
なんだか頭が良さそうな響きでカッコいいし
どんな環境なのか判断しやすいですよね。

話が上手い人は会話それぞれにタイトルを付けるのが上手い

とも書かれていました。
概念を言語化するステップとして非常に勉強になります。

本書ではタイトルではなく「標語」という表現が多かったです。
要約でもタイトルでもなく、標語。
人の耳に入りやすい、比較的キャッチーなニュアンスもありますね。


そのほか


関連して、「アナロジー力」。
無関係のところから共通点を見つける作業。

私も好きです。時代小説を読んでいて「これって現代にも言えないかしら」と考えながら紐づけていきます。

これを応用していくと、抽象化ゲームが出来上がります。

「人生は小籠包だ」
 →蒸す時間が必要
 →確信が内側にある
 →気を付けないとやけどする

という形で、標語が出来上がっていきます。
落語家さんもきっとアナロジー力が高いんでしょうね。

「自分の感性に引っかかる言葉を書き留めておこう」
本書を読んて、これを強く感じました。