【感想】怪しい商品を買ってみました 橋本玉泉

現代は「モノ」より「体験」を買う時代だと言われていますが
モノを買うことで特殊な経験をすることができるのは事実。

本書は、

・激安中古車の乗り心地は?
・「世界一臭い」と言われている缶詰の味は?
・藁人形で知られる丑の刻参りのコストは?
・トランクルームに住むことは可能なのか?
・自己破産と費用と手間はどれくらいなのか?
・乱交パーティーに参加するとどのような世界が広がっているのか?

などという普段では接することのない「怪しい商品」の体験レポを紹介してくれています。


特に興味深かったのは「丑の刻参り」の項。

丑の刻参りグッズを通販で購入するところから始まります。
(売れているのかな……?)
なんと、藁人形と五寸釘、軍手などのセットの相場は約3000円だそう。
確かに、藁ってどこから入手するか分からないので通販に頼った方が楽そうですよね。

で、実行するのにも困難が付き物で
アタマに立てるロウソクがすぐに倒れてしまったり、
人に見つからないように山林に入ろうにも真っ暗で怖かったり、
そうそう簡単に実行できるものでは無いようですね。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする