習近平は毛沢東の再来だ⇒『日本人のための中国共産党100年史』

毛沢東から始まった中国共産党。 胡錦涛・江沢民時代は「脱・毛沢東」路線で進んでいたものの 現在の習近平政権は「毛沢東回帰」に向かっているのだ。 習近平は毛沢東のような終身独裁を目指していて、 アメリカ・ロシアとの対立も恐れていない。 中国共産党、結党100周年を迎えた今、この先どうなっていくのだろう。

これからの「個の時代」を乗り越える『素人力』 と、「坂の上の雲(二)」

坂の上の雲㈡より。「素人というのは智恵が浅いかわりに、固定概念がないから、必要で合理的だとおもうことはどしどし採用して実行する」これ、現代にも言えることなのではないでしょうか。 素人の力は小さいように見えて実は玄人を打ち負かすポテンシャルを秘めているように思います。この先、『素人力』がより求められる時代になるのだともいます。