【勉強術2】試験2か月前の準備

3か月計画で進めている勉強法。
MOS,中検など試験2か月前の準備についてご紹介します。
3か月前の準備方法はこちらです。

 

試験2か月前は「筋トレモード」

試験の2か月前は、テキストを2周することがメインテーマになります。

「えええ、テキストを1冊解くのに1か月掛かったのに?」
「テキスト2周で2か月掛かってしまうじゃない!?」

と思うかもしれませんが実際はそうではありません。

ランニングで、10分かけて1キロ走るのがやっとだった人が、
次の週は2キロ走れるようになることありますよね。

筋肉はトレーニングするほど鍛えらえれることが定説ですが、
最近の脳科学では、脳も同様の性質を持っていることが分かってきました。

脳も使えば、その部位が鍛えられます。

最初、1か月かけて解いたテキストは
2周目では2週間で解けるようになって、
3週目では1週間でクリアできるように、

だんだんとペースアップを実感できるようになります。

また、内容を忘れないためのペース配分は、
1週間に2~3回復習することが理想です。

テキストは飛ばさない

2か月前までは、テキストを飛ばさず、最初から最後まで解いていく方が良いです。

復習するべき設問と、復習不要な設問を仕分けしていくと、まぐれで正解した問題を取りこぼす原因になります。

解けない問題ばかり解いていると頭が疲れてしまい、挫折の原因になることもあります。
箸休め的な存在として、解ける問題も解いておくことが重要です。

語学であれば、覚えにくい単語を覚え始めるのもこの時期からが良いでしょう。

「解けると思ったけど、ニアミスで不正解」を集めよう

3か月前は、解ける問題:解けない問題=2:8 くらいで問題ありません。

2か月前は、解ける問題:解けない問題=4:6 くらいを目指しましょう。

実際、解けない60%の中には
「解けると思ったけど、ニアミスで不正解になってしまった」
というタイプの問題が半数近くを占めていると思います。

1か月前のラストスパートでこれらを減らす作業に入っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする