オーディオブックを使ってみよう!耳で読書するメリットは?

見落とされがちなオーディオブック

純粋に読書の好きな方、自分のスキルを高めるために読書される方、いろいろいらっしゃると思いますが、今日は読書の方法のひとつ、オーディオブックについてお話したいと思います。

私は基本的な読書の方法は3つあると考えています。
◆紙の本
◆電子書籍
◆オーディオブック

うち、とくに馴染みの薄いのはこのオーディオブックだと思います。
文字通り、音声で一字一句読みあげてくれるものです。

とても便利なのですが、Kindleや紙の本と比べると普及されていませんよね。
オーディオブックって何が良いの?始めようか迷っています。という方に向けて、紹介していきたいと思っています。

ではまず最初に、オーディオブックの利点と問題点は何でしょうか?見ていきたいと思います。

【利点】

・満員電車でも読書ができる
・疲れてい活字が頭に入らないときでも読書ができる
・家事やゲームしながら、はたまたゴロ寝しているときでも読書ができる
・頭がリフレッシュされる
・難しい本や、とっつきにくい古典も頭に入りやすい
・リピートしていても飽きが来づらい
・頭の中のマイナスの声を打ち消してくれる(☆神田昌典さんお墨付き)

【問題点】

・新刊がリアルタイムでリリースされない
・携帯で聞くと電池の残数に響く、オーディオプレイヤーに移すのが手間だしデータ量も多い
・図書館で借りられないので1冊500円~3000円くらいかかる
・読み返したいときにピンポイントで戻れない

新刊や図書館で借りられる本は紙で、
古典やベストセラーはオーディオブックで、
それぞれ学ぶのがお勧めです。

次からは、これらのポイントについて掘り下げたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする