【読書術2.】古典は、現代語訳と解説本をセットで読むのがベスト

せっかく手に取った本!内容を血肉にしよう! はじめに
でご紹介した通り、読書法についてコラムを書いていきます。
今回は「オリジナル本と要約本」についてです。

はじめに

想像してみてください。

目の前に2種類の本があります。

①ソクラテスの弁明 (岩波文庫)
②30分でわかる!ソクラテス入門!(仮)

どちらを選びますか?




②→①  という順番がおススメです。

古典を読む理由

そもそもなぜ古典を読む必要があるの?
という内容についても追々コラムを書いていきたいと思いますが


100年以上読み継がれている本は、物事の本質を突いた良書だから

という言葉に尽きると思います。
人間の本質は今も昔も変わらないですね。


現代語訳(オリジナル)と解説本はセットがベスト

現代語訳にも、解説本にも一長一短があります。

現代語訳

デメリット

・読むのに体力が要る
 最初(特にはじめの40ページ)のうちは、なかなか世界観に入っていけず
 読みづらいと感じてしまいがちです。
  ※40ページを過ぎるくらいで、だんだん慣れが出てくると思いますので
   最初だけ耐えましょう!

メリット

・自分なりの考察や考えを巡らせやすい
 原著の言葉を現代語に直しただけなので、書物本来の内容の深みや味わいを受け取りやすいです。
  自分の生き方を照らし合わせてどうなのか?
  これってどういう意味?
  最近似たような本を読まなかったか? などなど
 深い本なりの深い考察ができるのが最大のメリットです
 

解説本

メリット

・本編に書かれていないウラ事情が分かる
 その書物が書かれた時代背景や著者の人柄、身分、同時代の偉人との関係性などを知ることができるので、本編を読んだときに理解が深まります

デメリット

・感想は「フーン」で終わる
 考察まで訳者が進めてしまうので、自分の頭で考える暇なく、終わりがち。
 理解はできるけれど、感動も特に無かった、となりやすいです。

まとめ

現代語訳がステーキで、
解説本はナイフとフォークのようなイメージでしょうか。

肉隗ごとそのまま食べても美味しさは十分味わえますが
一口大に切り分けるとより食べやすくなります。

解説本で背景を知り、その後、じっくり本編を味わうと
ぐっと理解度が増してきます。