【ブログで自己肯定感を高めた日記 17】鬱から這い上がるために!前編

メンタル疾患になってからというもの、ブログ以外にもいろいろと手を付けるようになっていきました。

終わりと始まりの予感

半年ほどブログ執筆を続けていって、一つの大事件が起きました。
当時は祖父の家に転がり込んでいて2人暮らしだったのですが、
ある日入院し、そして亡くなりました。

ヘビースモーカーによる肺がんでした。
タバコは体に良くないですね。93歳で早逝しました(……ん?早逝??)

元気で頭の回転もとても速い老人だったので、
炊事も洗濯も各人別々に行っていたので生活に大きな変化は現れませんでしたが、

やっぱり、家に誰もいないと寂しい。


お葬式はあまり泣かなかった。
悲しいというより、駅伝のランナーがゴールをした瞬間を見たような感じ。
お疲れ様会のようなお葬式でした。

私の両親はともに仙台の人なので、父方も母方も、祖父母は仙台に住んでいました。
仙台に転勤が決まったその月に父方の祖父が亡くなり
住んで1年目に祖母が亡くなり
2年目に祖父が亡くなりました。

毎年立て続けに皆命日が8月。
なんだか、私、祖父母を看取るために仙台に来たのかもしれないです。初孫だし。

私の仙台での役目は果たしたのかも。
そろそろ仙台の生活は終わって、東京に戻る時期が近いのかも。と薄々感じるようになっていきました。


実際その後すぐに東京へ戻る辞令をいただき、その後あっという間にトップセールス&MVPをいただきました。
多分これ、私の力だけでなく祖父が守護霊としてバックアップしてくれていたのだと今でも信じています。(強烈な守護霊だと思います…っ!)


話が逸れました。

自然と、帰り道にどこか立ち寄るようになっていった私は、
さまざまなことに手を付けるようになっていったのです。

鬱から這い上がるために!

溺れる者は藁をも掴む。

とりあえず私が掴んだ藁はこちら
・願望を神に書く(新月満月のワーク)
・毎朝の神社参り
・掃除をして盛り塩をする(風水)

どこまでご利益あったのかわからないけど、
突破口が見えないうちはとにかく藁を掴むんです、
そして心の平安を保つんです!

ちなみに今は掃除&盛り塩はしなくなりました。
潔癖症の夫(別名:高性能ルンバ)と結婚してよかったです(!?)毎日汚い汚い怒られていますが……w

瞑想を知る

瞑想。
私のおススメです。関連記事:瞑想4年続けた効果とコ

仙台には河北新報という地方紙があり、新聞業界で絶大なシェアを持っています。
そこで私の目に留まったのが「女性のための河北新報セミナー」というものでした。
1000円くらいの入場料で、大量のお土産(ノート、お菓子、リセッシュ等々)を貰えて有益なセミナーを3本聴くことができるというアリガタイ代物でした。

当日行われたセミナーは3本!
・株投資のコツ
・瞑想入門
・マナー講座

3本です!なんだかサザエさん風にじゃんけんしたくなります。うふふふふ。

その中でも特に私が衝撃を受けたのは瞑想入門でした。
講師を務めたのは50前後ながらとても美しい女性。
仙台でアーユルヴェーダサロンを経営されている方でした。

登壇し、自己紹介も早々に

「それでは、瞑想を始めます!電気消してください!」

えっ!? ここで瞑想を始めるの!? てか、瞑想って宗教っぽくて怪しいもんじゃないの!??

と唖然とした私を尻目に、200人の大瞑想会がスタート。

「『アイ、アム』と小さく唱えてくださいこれがマントラです」
「だんだん声を小さくして続けてください」
「心の中で唱え続けてください」
「20分間唱え続けます」
「気持ちが雑念に囚われたら、そっとマントラに戻ります」

……20分後

チーン。
チーン。

「手をゆっくり動かして」
「ゆっくりと現実に戻っていきます」

以上で瞑想を終了します。

なんだか不思議な経験でした。
起きている時、暇さえあれば会社や上司へ怒りの感情が頭の中を渦巻いていたのですが、そこから解放されて別の平安な世界に移ったような。とにかく不思議。不思議としか言いようのない思いに見舞われました。

もっと瞑想をしたい人は次の新月の時に瞑想会を行うので来てください、という案内を受けて、私は直感的にと思いました。


「行かなきゃ!」

新月の瞑想会

次の瞑想会は9月だったか、10月だったか。
仙台の秋の訪れは早くて、上着がないと困るような時期でした。

ふと訪れたのは仙台の河原町にある分室オフィス。
おっかなびっくりチャイムを鳴らす。
現れた講師のお姉様。セミナーの時より圧倒的なオーラ。

集まったのは先日のセミナーの参加者たち。

案外少ないなーというのが私の正直な感想でした。
毎日が充実している人にとって瞑想は不要なのかもしれない。
でも、抜け出せないメンタル疾患に苦しんでいる私には本当に必要な会でした。

当日、集まったメンバーで20分間の瞑想を行いました。

最後に代表とお話しさせていただきましたが
少し驚くことを言われました。

「あなたからは怒りのオーラが出ていますよ。その感情、早いうちに何とかしないと大変ですよ」

……!!!?なんでわかるんですか!?

ほかの参加者も不安を言い当てられていてやはり驚いていました。


ついでに星座診断のようなこともしてもらいました
「あー、あなたは射手座なんですね。今回の新月は大切ですよ」

……え?そうなの?今秋よね?4ハウス先が結果のハウスだから?

いまだに何故だか分からないのですが(笑)

帰り道、なんだかいつもより風景が澄んでいるように見えました。




当時教えてもらった瞑想は何度もサボりながら復帰を繰り返して5年ほど続いています。
モヤモヤした気持ちを抱えていたとしても、20分間マントラを唱え続けることで平穏なこころを取り戻すことが出来るんです。

メンタルを患っていても居なくても、瞑想の習慣は凄く良いです。

最初は、怪しいかもと思って二の足を踏んでしまいましたが
来てよかった。本当に良かった。


鬱から這い上がるために!後編に続きます

今日のひとこと
怪しいかどうかは直感で決めよう!