【ブログで自己肯定感を高めた日記 13】(コラム)ブロガー・ライター・コラムニスト どれを目指す?

今回のコラムは似ているようで異なるこの3つ。

ブロガー

ライター

コラムニスト

どう違いがあるんでしょうね?

それぞれの定義とは


先日、名刺を作ったんですよ。
関連記事:「個人名刺を作ってみる

そこで、私は「週末コラムニスト」と書いたのですが、

「ライターにするか?でも別にお金貰って記事書いている訳じゃないしなぁ」
「ブロガーにするか?でも、なんかそれって趣味優先っぽいな。もっと本気感が欲しいな」

なんて悩みながら、コラムニストを選んだわけです。
それらを選ぶ際に、違いを調べてみました。

仕事内容の違い

ブロガーさん

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する[1]。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。
用途は幅広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものがある。また、企業やクリエイター集団が、対外的な活動日誌などという位置づけで、自社公式サイト内で公開している事も多い。

Wikipedia ブログ(Blog)より
ライターさん

Webライターとは、クライアントからの依頼を受け、様々なWebサイト上に掲載する記事を書くライターのことです。ニュースやコラム、インタビュー、メールマガジンなどをはじめ、最近では運営者に代わってブログの文章を書くケースやECサイトなどで商品説明文を書くケースも増えており、ライティングの分野は多岐に渡っています。ジャンルも政治や金融といった高度な専門知識が必要なものから、グルメや旅行といった日常的な内容までと幅広く、非常に間口の広さが求められる仕事でもあります。

マイナビクリエイター
コラムニストさん

コラムニストは、新聞や雑誌、Webサイトといった各メディア上に掲載される「コラム」を執筆する人のことをいいます。

コラムとは、ニュース以外の評論やエッセイなどの短い文章で、客観的な事実をもとに主観的な見解を挟んだ囲み記事のことをいいます。

キャリアガーデン

書く内容に関しては、3種とも、広きにわたっていますよね。

違いの中心は、主観と客観のバランスなのではないかと思います。

ブロガーは、自発的にネタを集めて自分の発信したいものを中心に文字を綴る人達。かなり主観ですよね。

ライターは依頼されたものを文章で表現していく人たち。お金が発生することが前提ですので、万人が見てもきちんと理解できるよう、客観性が高く求められるポジションかと思います。

コラムニストはその中間くらいにあるのではないでしょうか。客観的な事実を述べたうえで、自分がどう思うか、主観を押し出していくコンテンツです。

(主観側) ブロガー = コラムニスト = ライター (客観側) の順です。

スキルでどんな違いがあるのだろう?

ブロガーさんは、主観を存分に表現できる代わりに、ネタを提供してくれるような依頼者が居ません。なので、日常生活で見聞きしたものから、いかにネタとして拾い出せるかという目利き力が必要と思います。また、それを受けてどのように感じたか、独自の視点、自分らしい考えを示すイマジネーションも必要なのでしょうね。

ライターさんは、基本的に誰かの依頼で動きます。
先日、日経WOMANで取材していただいた時は、編集者の方とライターさんが同席されていました。何を書いて、どんな結論を導くのかを編集の方が決めて、それを文字に起こす仕事がライターさんの役割のようです。依頼者の意向をきちんとくみ取るコミュニケーション力はもちろん、多彩な表現力も必要とされる仕事と思います。
なかには自分の書きたいものではないものも依頼されるでしょうから、自分の意見を抑える自律力も求められるのではないでしょうか。

コラムニストさん。こちらは、客観的事実をまとめて自分の考えを押し出していくポジション、と先ほど書きましたが。データを集める情報収集力や、その情報から一定の答えを導き出す分析力も求められます。ブログに近いのはオリジナリティで、ライターに近いのは依頼者があることではないでしょうか。学術論文はデータを示した後に考察を述べるのでコラムに近い気がします。

その他の違い

活躍の場所

ブロガーさん
→WEB

ライターさん&コラムニストさん
→WEB以外にも新聞・雑誌などもあり

著作権

ブロガーさん
→自分

ライターさん
→依頼者

コラムニストさん
→自分・依頼者 ※場合による

まとめ

「書くことが好き」と一言で言っても、違いがありますよね。
私が書いているのは “ブログ” (と、たまにコラム)なので、次回も主観バリバリで書いていきます。

つづく

今日のひとこと
・ブロガーさんは主観バリバリで書く
・ライターさんはお金を貰て理路整然と描く
・コラムニストは現実を分析しながら意見を書く