7冊の本から調べた、ブログを書くコツをまとめてみた

「読まれるブログのポイントってどうなんだ?」

そう思い、ブログ関連書籍を読み比べてみました。
複数の書籍に共通して書かれていることは重要ポイント
だと考えています。

見えてきた共通ポイントを5つ、ご紹介したいと思います。

読んだ本7冊

Kindleに頼り、一晩で7冊を一気読みしました。

KindleUnlimited(読み放題サービス)は「話題の本」を読むのには向いていないですが
「関連書籍にざっと目を通す」という使い方にはとても便利ですね。
調べもの向きです。

Kindle上で「ブログ」で検索して出てきたもの順です。

「副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト(手持ち)」「「Chikirinの日記」の育て方」「ブログのアクセス数を10倍アップさせる24の質問」「ブログの成功技術」「ブログの書き方講座: 個人ブログ月間100万PVの手法」「世界一カンタン ブログの勉強: 誰も教えてくれない!ブログの書き方を大公開!」「コロナでも在宅で3万安定して稼ぐ ブログ、超基礎講座の入門書」

自費出版も含まれているせいか、正直、内容は玉石混合でした。

「セミナーの案内状」みたいな内容で2~3分で終わってしまったものも中にはありました(;^_^A

共通して書かれていたこと まとめ

1)誰かの悩みに向けて発信する

「そう、この情報知りたかったんだ!」
そう思って読み手はブログをクリックします。

読み手は何か問題を抱えていて答えが知りたい、
自分の納得いく意見を聞きたい、新しい情報が欲しいetc.
何かしらの“ニーズ”を持っています

的確な表現がありました。

ユーザーが抱える悩みを徹底的に洗い出し、それを解決する記事を書くだけです。(ブログの成功技術より)

これ、当たり前のことではありますが、いざ書くときには
非情に難しいポイントなんですよね。。。

読み手メリットがある文章より
「今日起きた出来事、こうで、こうで……」とつらつら書く方が楽ですしね(;´Д`)

「ぜったいにこの記事ウケるよ!」という判断はとても難しいですが
面白くさせるサービス精神は必須ですね。

2)結論から書く

「結論から書く」ということの重要性も多くの書籍で述べられていました。
とくに「ブログの1行目は、2行目を読ませるためにある」と言われています。

読み手は冒頭で有益かどうかを判断してしまいます。
(「閉じる」ボタンって怖いですよね)

映画などであれば「ラストが面白ければ良い映画!」となる訳ですが
ブログってそうはいかない、、、

1行目は特に気合い入れて書きたいものです。

3)口語で書く

口語VS文語 については、意見が分かれていましたが、
口語派の方が多かったです。

(うちわけ)

口語派:3冊

文語派:1冊

言及なし:3冊

“話しかけるように” 書きましょうというコメントが印象的でした。。

「書いた記事はアップする前に音読して
違和感が無くなるまで何度も修正してからアップするように!」

と書かれているものもありました……!

こういうひと手間で、出来上がりが変わっていくんでしょうね、きっと。

“庶民派”のブログは口語、“専門性”の高いブログは文語、と
使い分けるのも良いかと思います。

4)タイトルはキーワードから逆算する

前回のブログにも記載しましたが、
タイトルとSEOの相性も大事です。

たとえば

「在宅ワーク」

「在宅勤務」

「テレワーク」

上記であればどれが多く使われているか?

という点にはこだわったほうが良いです。

次に「在宅勤務」の次に何が来るのかを調べます。

Googleの予測変換機能を見てみると、コンナカンジ。

「英語」「Google」「とは」など検索されやすいキーワードのヒントが出ているので
上手く活用できればベスト! です。

「在宅勤務 暇」とかすごくわかる(*´з`) 私も検索しちゃうかも

最後に : 楽しく続けるのが一番!

最も満場一致だったテーマ。それは……

書いていて楽しいことを書く!

私もそうだと思います!

テクニックも必要でしょうけど

書いてて楽しくなる記事、ワクワクする記事に勝るものは無いですね(*’▽’)

楽しんでいきましょう!