【感想】宮廷神官物語 四(角川文庫版)榎田ユウリ

もう一人の、「奇蹟の眼を持つ少年」が現れた! 第二の慧眼児登場かと沸き立つ人々とは対照的に、仲間だと喜ぶ「元祖・奇蹟の少年」天青。けれど「本物はどちらか」を選ぶ試験が行われることになり……

天青の兄貴分である曹鉄。
彼の暗い過去は1~3巻でチョイ出しされてきましたが、本巻で一気に進展。
しかしながらさすが榎田ユウリ。謎を残したまま5巻に突入です。

そして第二の慧眼児は一体何者なのか?
伏線として出てきた “剣” とは何なのか?

様々な謎を残した4巻目。

 

「本物はどちらか」を選ぶ試験の行方は、

予想を超えた展開になってくれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする