【感想】宮廷神官物語 三(角川文庫)榎田ユウリ

「奇蹟の眼」を持つ少年・天青は、麗虎国の宮廷で、神官書生として学んでいる。初めての夏休み、友人と街へ出かけた天青は、水不足にあえぐ人々を目にして驚く。ところが直後、天青は人違いで誘拐され……。

水不足の麗虎国を救うのは

天青の神通力なのか?
鶏冠による雨乞いの儀式なのか?
はたして、それとも・・・?



最後まで結末が見えない第3巻。

天青の持つ不思議な力が、1巻・2巻と少し違う使い方がされるところにも注目です。面白かった!

前巻 「宮廷神官物語 二」へ
次巻 「宮廷神官物語 四」へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする