【感想】宮廷神官物語 一(角川文庫版)榎田ユウリ

面白かった。

ついつい続きが気になってしまってあっという間に読了。

 

内容

3人の青年たちをめぐるストーリーです。

まずは主人公。若くして優秀な神官、瑛鶏冠。
彼が、神通力を持つ少年(慧眼児)を山奥の村へ探しに行くところからストーリーが始まります。
慧眼児の天青と、天青の用心棒の景曹鉄の3人で都にたどり着くまでが1巻の内容でした。

 

道中、謎の集団に襲われたり、

サーカス団に紛れ込んで愉快な旅を始めたり

悪徳役人を懲らしめる一幕があったり、

「次はどうなるんだろう!?」とハラハラする展開が満載でした。

 

感想

冷静沈着な美青年と、天真爛漫な少年、優しくも暗い過去がある好青年。
キャラクターの構成も魅力的です。

中学の時に好きだった『幻想大陸』(わかるひといるかな??)
を思い出させてくれます。

 

本の帯には”アジアン・ファンタジー”と書かれています。

作中に「チョゴリ」という表記もあったり、
作者あとがきでも「朝鮮王朝がモデルです」とありますね。

終わりに

本書は角川ビーンズ文庫から出されていて、
本来は若い読者向けの小説だったようです。

でもね、これ、大人の息抜きとしても十分楽しめると思います!

大人でもついつい食べたくなっちゃうお子様ランチみたいな。
(例えが悪いかな?)

個人的にはファンタジー者は苦手だと思っていたのですが
これは引き込まれました。

2巻は既に購入済みです。楽しみです。

次巻 「宮廷神官物語 二」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする