【感想】「質問力」で、仕事は9割うまくいく 秋庭道博

はじめに

はじめに

営業をやっていると本当に質問は難しいと感じます。
聞き方一つで、重要ポイントを聞き出せたり、聞き逃したり。

本書は質問を通じて、相手と密なコミュニケーションをとることを目的としているように思えます。
87の質問事例を解説してくれている本です。

感想1 「第二の質問ができない人はダメ社員」

あ、これ私です。ハイ、ダメ社員です・・・。

質問をしたからと言って、必ずしも、質問者が納得するような答えが得られるわけではありません。

なんか質問を続けると詰問している気になってしまって、つい流してしまう私です。というか正直、怠け心です。反省。

感想2 「他に何かありませんか?」と質問できる人は情報通になれる

「他に?」」という質問をすることによって、さまざまな知識や意見などを得ることになるのです。

少しでも情報を得ようと、気の利いた質問を必死に考えることも多いのですが

結局は、シンプル・イズ・ベスト! ですね。

こんな簡単なフレーズで良かったのかと目からウロコです。

感想3 相手の本音を引き出す「メモを取らない」質問術

芸能リポーターの梨本勝氏も、「本当の取材はメモを閉じてから」といいます。
いざ核心の部分について話をするときは、メモ帳をわざとしまってしまい、”相手を安心させる方法です”

この手法は素晴らしい!

実際、思い返すと同様な場面が目に浮かぶのですが
実践に移せているひとは少ないのではないでしょうか。
私もその一人です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする