【感想】教養としての「世界史」の読み方 本村 凌二

日本とローマは同じ!?

「日本は世界の縮図です」
そう聞いたとこはありませんか?

北海道はアメリカ大陸。どちらも開拓民の土地です。
本州はユーラシア大陸。チェルノブイリと福島が近い位置。カスピ海は琵琶湖。
アフリカは九州。オセアニアは四国。

「ローマ帝国は世界史の縮図です」
同じく、「ローマの歴史のなかには、人類の経験すべてが詰まっている」
という考え方をする人もいます。

本書の著者は、歴史家。研究者。
ローマ史の専門家です。

ローマで起きたことは、同じ時代に別の場所で起きている(同時代性)
ということを中心に世界を見ています。
通常、歴史はタテ軸で物事を見ますが、
ヨコ軸で見ると違った見方が、そして面白さが見えてきます。


ローマ帝国と同様に起きた出来事


◆異民族君主
たとえば、ローマの専制が始まって220年後に異民族の君主が立ちました。
実は同様のことはアメリカでも起きています。
初代大統領から220年後にオバマ(黒人)が大統領になったのが
おもしろいくらいに一致していますね。

◆古代帝国
漢帝国とローマ帝国は、同じ時代に建国されているようです。
ローマ帝国の繁栄はB.C.200年ごろ。
少し東を見てみると、中国最初の統一王朝(前漢)が繁栄しています。
 ※なお、秦は1代で崩壊したのでカウントしない

漢は今でも「漢字」「漢民族」というように中国の代名詞となっています。
漢帝国は長く続く一大帝国のように思います。

で、A.C.1000年ごろになるとローマ帝国は崩壊に近づいきます。
面白いことに、A.C1000年を過ぎると中国でも元の台頭が始まり、異民族統治の時代を迎えるわけですよ。ある意味「漢帝国の崩壊」です。

一大帝国の栄枯盛衰の同時代性。
一致する箇所を細かく探していくと面白そうです。

◆簡素化の流れ
紀元前1世紀ごろになると
貨幣、アルファベット、宗教 etc. 
散在されていたものが統一化されていくようになります。

そしてその後、世界では、ゴータマ、諸子百家、ソクラテス etc.
思想家が同時代に爆発的に増えています。
彼らの共通点は、現代でも思想の根本になっているところでしょう。


なお、簡素化の流れは現代も一緒かもしれません。

多様化されていた情報が、コンピューターの登場により、0と1にシンプル化されています。
その先には何かが爆発的に増えるのでしょうか・・・?


◆ほか
バスコ・ダ・ガマはヨーロッパ~アフリカ~インド、
世界を航海してアフリカにたどり着いた人で有名ですね。

実は中国人も同時代に似たようなことを行っているんです。
鄭和という人は中国~インド~アフリカのルートを船で旅をしています。

アフリカを同じ時期に発見したというのが興味深いです。

横軸の世界史は面白い

多分、本書で紹介される同時代性は氷山の一角だと思います。

同じ時代で、違う場所で、同じことが起きていた

凄くロマンを感じる1冊です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする