【書評】まんがと図解でわかる7つの習慣 (別冊宝島) スティーブン・R. コヴィー (監修)

2013年発行の文庫版。
当時はマンガ版のビジネス書が
珍しかったような記憶が・・。

身近で密かなブームなので読み返してみた。

最近入ったコミュニティで話題に上りまして。
私の界隈では密かにブーム再燃中です。

遅れまじと思って本棚から引き出してみました。

改めて読んでみると「7つの習慣」が
自己啓発書としていかに完成度の高いかを思い知らされます。

内容

本の構成は以下の通り。

  • 1. はじめに    : 自責思考を持つことが大前提
  • 2. 1~3の習慣   : 私的成功(自立)について
  • 3. 4~6+7の習慣 : 公的成功について+つめとぎの重要性
  • 4. 第8の習慣   : ボイスに耳を傾ける

それぞれの冒頭に短編マンガが挿入されており、
どんなシーンで7つの習慣が役立つかを簡潔に解説してくれてます

本文の方は、ほぼ毎ページに図解があり
文章を読まずとも内容が頭に入ってきます。

とても分かりやすい。

”7つの習慣”は自己啓発本の集大成

冒頭でも少し触れましたが7つの習慣が凄いのは
自己啓発本としての完成度の高さでしょう。

他の自己啓発本を読んでも、どこかに必ず何かしら
7つの習慣のエッセンスが入っています。

たとえば
相手を変えようと思わず自分から変わる意志を持つ、
相手とWin-Winの関係を築く、
人生の目的を考えるetc.

企業研修やセミナーでも、これを参考にしたものは多いですよね。

死ぬときにどのような葬式を迎えたいかを考えよう
信頼残高を貯めよう
家庭や仕事でどんな自分でありたいか書き出してみよう 等々。

(こういうワーク、聞き飽きた!)

ヒマな奴が他人を苛めたがるのも、7つの習慣?

とりわけ共感したのはココ。

「7つの習慣」はいずれも他の習慣と影響しあっていて、一つを伸ばせばほかも伸びる、一つがダメになれば他もダメになる。

p-79 コラム2

仕事や勉強の正念場になると、
これまでできなかったハズの早起きができるようになったり
人間関係がうまくいくようになったりしたことありませんか?

逆に

仕事ができない暇人に限って他人の足を引っ張っていたりすることも
あるのではないでしょうか。


なお私は、勉強そっちのけで遊びまわっていたころには
いくら頑張っても彼氏ができず。
恋愛をあきらめて勉強一筋に生きようと決意した途端
恋人ができた経験があります(笑)


それはさておき

社会的(公的)成功を求める副産物として
自ずと人格(私的成功)が出来上がるものだと
私は感じています。

まとめ・感想

考え方、仕事術、時間管理、コミュニケーションのコツが
20分で分かる1冊です。
オリジナルを読む前の導入や、読み終わった後の復習に良い本です。