AIでオススメ商品を紹介されるの、好きじゃないんだよね →『2025年、人は「買い物」をしなくなる』

最近京浜東北線でよく見る『2025年、人は買い物をしなくなる』という書籍広告。


人は買い物をしなくなる?

どゆこと??

物品配給の世の中になり
「モノを買うという選択肢がなくなるとか?」
「ベーシックインカムが普及して、買い物をするお金の余裕がなくなるとか??」

そんな「?」が詰まるタイトルですね。

こんな本でした

本書の概要をひとことで言うと、

買い物に掛ける時間は、Eコマースで短縮される未来が来るよーということですね

「買い物をしなくなる」

という言葉が気になります。

ここで言う「買い物」とは

移動時間をかけて実店舗に行き、
製品を目で見てほしいものを吟味しするプロセスのことを言います。

(タイトルに騙された感…(*´з`))

その買い物に書ける時間がEコマースにより短縮化し
生活のあらゆるところに組み込まれていく。
そのカギとなるのが「デジタルシェルフ」にあるんですよ、という内容でした。

どんな人におススメ?

少し先の未来、すなわち2025年頃に
物品やサービスを販売したい人向けの内容だと思います。

どこにポイントを絞れば消費者に届きやすいか?
そのヒントが書かれています。

逆に、消費者目線で言うと

「売り手が何を意識してプロモーションをかけているか?」

これを知ることで、われわれ消費者も
無駄な買い物を減らすことができると思います。

気になったポイント

私が印象的に残ったのが

1.「Unboxing(アンボクシング)」=「届く瞬間、箱を開ける瞬間のユーザー体験」を多くの入ブランドも最重要視している

2.これからは「DtoC(Direct to Consumer)」が主な販売戦略になる

3.検索が「自分で気づくマーケット」だとしたら、口コミは「自分では気づかないマーケット」である

感想:AIがマーケットに導入されるのは私は好みじゃない。

Amazonなどで「この商品もおススメです」
と言ったようにAIが消費者の好みを判別してくれるシステムが
今後も加速していくのだそうです。本書によると。

私はこのシステム、あんまり増えなくてもいいんじゃない?
と思うんですけどね。

たとえば、私は麻婆豆腐が大好きなんですけど
AIが好みを識別した結果ってこんなカンジ?

「あなたには丸美屋の麻婆豆腐がおススメです」

「丸美屋を買った人はクックドゥのマーボー豆腐もおススメです」
「永谷園の麻婆豆腐もあります」

「いやー今日は洋食の気分なんだけど… 別のヤツないの?」

みたいな。

イメチェンなり、気分転換なり、
「いつもと違うもの」を求めた時に選択肢が無くなっちゃうようで怖いんですよね。
考えが凝り固まるっていうか。

人って、未知の世界があるから面白いと思うんだけどな~。

AIが好みを分析してくれるより

VRで実店舗に遊びに行けるほうが
インスピレーションが浮かんで面白いと思うよっ!

最後まで読んでいただきありがとうございました☀